音声反訳とは?

おはようございます。代表の上野です。

音声反訳という言葉をWikipediaで調べると以下のように記載されています。

「反訳者の仕事内容

音声ファイルを音声反訳ソフトに取り込み、音声データを再生。音声を聞き取りながら文字化する。

反訳ソフトに付随する専用フットスイッチを使用して、効率よく作業を行う。座談会・会議等の場合、音声だけでは話者の声を聞き分けることが出来ないため、依頼者に発言メモ(会議スタートから会議終了まで、発言者の番号と話し始めの言葉を少し書いたもの)の作成をお願いする。

メモがあれば、完成原稿に正しく発言者名を入れることが可能となる。」

 

この最後の発言者名のことについて、会議で記録をした人なら1度は思ったことがあるのではないでしょうか、「発言を重ねないでくれ~!」と。

言い合いになると、発言者名を書く手が追いつきませんよね。

反訳時も発言者の切り分けが大変ですし。

私も現場でとっさに配席図の各席に番号を付番して省略したことがありました。

そんなこともあり、ボタンを押すだけで、発言時間と発言者名が記録できるものが欲しいなあと思っていました。

社員も同じことを思っていて、そういう話を何度かしたことがありますが、何とこのたび社員がエクセルマクロでそれを作ってくれました。アプリも開発中で、反訳の御依頼をしていただいた方で、希望があれば配布する予定です。

 

楽しみにしていてください。

 

◇お見積もりのご依頼◇

✈ 速記

メモ: * は入力必須項目です